せどりをするならパソコン関連商品がおすすめ

せどりをして利益を得ている方も多いのですが、これからせどりを始めてみよう、もう少し売り上げを大きくしたいと考えている方はパソコン関連商品に目を向けてみてもいいかもしれません。その理由は、パソコン関連商品がAmazonの年間売り上げ10%を占める売れ筋商品だからです。インターネットが普及し、その需要はこれからも減る可能性は低いと考えられます。特にスマホやタブレットの需要は上昇傾向にあります。

それにくわえて、パソコン関連商品は利益率が高いです。パソコン本体やパソコンのパーツは価格自体が高額です。
値段が高いということは利益も大きいわけで、パソコンをひとつ売るだけで1万円から2万円の利益になることもあります。もし、パソコンを10台仕入れて1台あたり1万円の利益があったとすると、すべて売り尽くせると10万円の利益になります。

パソコン関連商品はせどりを狙える商品も多いです。パソコン本体、CPU、マザーボード、グラフィックカード、メモリ、SSD、PCモニター、キーボード、マウス、ソフト関係、など幅広い商品があります。

タブレットスマホはせどりで仕入れること以外にも、海外から輸入することもできます。タブレットやスマホは中古でも程度の良いものなら需要も高いです。スマホは毎年次々と新しいモデルが発売されていますが、意外と古い機種を購入する方もいます。

スマホの液晶保護フィルム、ケースも売れ筋商品です。USBメモリやSDカードといった記録メディア、プリンターのインクなども狙い目の商品と言えるでしょう。

パソコン本体やパーツは意外にいいものを安く仕入れられる機会も多いです。毎年各メーカーは新モデルを展開し旧モデルは生産終了になりますが、上位モデルが意外と安く売られていることもあります。パソコンは高額商品なので、セールの値引き率も高いです。

かりに10万円のパソコンをセールで20%で購入できたとしたら、2万円安く仕入れられたことになります。これにショップのポイントが付いたりしますので、さらに安く商品を購入できることになるでしょう。
こういうお得な商品を見つけてせどりすると、儲けられる可能性は高まります。ジャンクPCを購入して分解し、パーツごとに販売するといったこともできるでしょう。

せどりにAmazonマーケットプレイスを利用する方も多いのですが、Amazonではパソコン関連商品は手数料が低いのもいい点と言えるでしょう。本やCD、レコードは15%、ビューティ関連は20%の手数料になっていますが、パソコン関連商品は8%です。
10万円の商品を売った場合なら、パソコンなら8000円の手数料で済みます。ただし、キーボードやマウスといったパソコン周辺機器は手数料は10%になっています。

パソコン本体にofficeが付属しているか、cpuのグレード、メモリやSSDの容量といった最低限の知識は必要ですが、パソコン関連商品はせどりをする際にねらい目の商品と言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする